2007年12月30日

ホノルル体験記 第10話

【 第10話(最終回) いよいよゴール!! 】

ようやく僕の長い旅も終わりに近づこうとしている。

ホノルルマラソン最後の直線だ。
以外にも長い。

そしてゴールの手前で彼女の声がした
「いまちゃん!」
あぁ、帰ってきたんだなと実感。

仲間から凄く心配した様子で「HKさんは?」と
問いかける言葉。

「膝です、膝」と応えゴールを目指した。

僕よりも2時間くらい早くゴールすることを
予想していたHKさんにとって、
待っている方は心配だったのである。

心配してくれる人がいる・待ってくれている人がいる幸せを
感じさせられた。

最後の直線途中、
有森裕子さんが声をからしながら応援をしていた。

僕は最後のハイタッチを行い、走り続けた。

あまりの必死な応援に少しジンと感動をした。
辛さを知っている先人の凄さを肌で感じた。

そして、長い長いホノルルマラソンが終わりを告げた。

「FINISH」

のゲートを両手を上に広げ、
グリコポーズでゲートをくぐった。

ゲートをくぐった瞬間、
この数時間、いろんな出来事を思い出し、
なぜか涙が出てきた。

この42.195Kmでいろんな感動をもらった。
途中何度もくじけそうになったが、
走りきれて本当によかった。

タイムは目標の6時間に及ばす6時間26分59秒で
ゴールとなった。

マラソンを走れば変わるというが、
ホントに僕自身の気持ちが変わった気分だ。

これを糧に来年の大きなステージに生かしていこう。

そして今回の参加メンバーに支えられて完走できたことが、
大変うれしく感じた。

人は1人でも頑張るが、
支えがなければ頑張りつづけられない。

いろんなドラマを胸に今後の苦難を乗り越えていこう。

終わり
posted by nowvillage at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | マラソン
この記事へのコメント
「人は1人でも頑張るが、
 支えがなければ頑張りつづけられない。」

心に響くとてもいい言葉でした。

書ききれないほど、たくさんの出来事や葛藤があったのが伝わってきました。
このマラソンで伸びた根っこがこれからの人生も支えてくれることでしょう。応援しています。
Posted by みっきー at 2008年01月12日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8955102

この記事へのトラックバック