2011年04月10日

東京マラソン体験記第4話

東京マラソン体験記
〜沿道の応援から得るもの〜

第4話 頑張っているからキツイ

浅草を過ぎて、30Kmを迎えようとしているところから、
さすがにきつくなってきた。

ただ、日本橋・銀座へ帰ってきて、この沿道の中で歩くわけにいかない。
銀座の大勢の人の前を通り過ぎる。
「歩かないで頑張れ〜」
僕の前を歩いている人へ声がかかったのだろうか。
歩きたくて歩いているわけではないだろう。
ただ、見ている人からすると、
どんなに遅くとも歩かないで走った方が応援し甲斐があるのだろう。
“僕は絶対に歩かないぞ”と心に決めた。

周りの目を気にすることは好きではないが、
どうしても僕らは周りに影響を受けてしまうものだ。

銀座を過ぎて、水天宮へとやってくると、沿道は少し落ち着いてきた。
ただ、35Kmを過ぎて、僕の疲れもピークになってきている。
なかなかスピードがでない。
歩くようなスピードで走っているところに大きな橋が見えてきた。
「ここを登るのか・・・」と思いながら、
大きく腕を振り、橋を登る。

試練というのは、キツイときにやってくる。
頑張っているときにやってくる。
乗り越えられない試練はやってこないって言葉を聞いたことがあるなぁっと
思いながら、歩いている人を横目に一歩ずつ歩くようなスピードで走る。
posted by nowvillage at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月09日

東京マラソン体験記第3話

東京マラソン体験記
〜沿道の応援から得るもの〜

第3話 自分のペース

田町を過ぎ、有楽町・銀座へ向けて走っていく。
銀座から日本橋にかけて、たくさんの人が沿道にいる。
顔を見ているのも気持ち悪くなりそうだが、
たくさんの声が聞こえてきて楽しい。

日本橋にさしかかったところで、大きな声援があった。
何かと横を見たら、山田親太郎や小島よしおが歩いていた。
おぉ、僕も芸能人を抜かせるようになったか。
と少し嬉しい気持ちになった。
まだ走る元気がある僕は、すぐに抜かしていった。

浅草までいく間に20Km地点を過ぎる。
20Kmまでキロ7分のペースをほぼ守りきって走れた。
これは僕にとって計画通りにいったという成功体験の一つとなった。

このペースでいければいいけれど、
そううまくいかないこともよくわかっているつもりだ。
「少し早いけど」と思いながら、給水所の前でPowerbarを口に含んで、
給水で一気に流し込む。
その後に給水所で手にしたバナナとパンを頬張りながら、浅草・雷門を目指す。

疲れた時のための早めの準備が必要だ。
何事も先が分かるならば早めの準備は有効的だ。

浅草近辺にやってくると食べ物を差し出してくれている沿道の人が多くなってきた。
食べたい気持ちはあるが、取るために止まる勇気がない。
止まってしまうと今のペースが崩れそうだ。

自分のペースを守ることが大切なコトを教えてくれる。
ペースは相手に合わせることではなく、自分のきつくないペースを守る。
ビジネスでは時として、それが自分よがりで悪いことのように思えるが、
自分の能力が一番発揮できるペースが仕事も効率的に進むのではないだろうか。
posted by nowvillage at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月08日

東京マラソン体験記第2話

東京マラソン体験記
〜沿道の応援から得るもの〜

第2話 沿道へ感謝する序盤戦

はじめての給水ポイント。
特に汗をかきやすい僕は必ず給水をとる。
アミノバリューを飲んだ後、水が置いてあった。
なんと小さなペットボトルだ。
僕はペットボトルを手に取ったが、さすがに飲みきれない。
半分以上残し、捨てた。

非常にもったいないが、
運営サイドでは、ペットボトルを持って走れという意味なのだろう。
走っている方としては、何かを持って走るのは、少し走りにくい。

“こうしてほしい”という善意は、
ニーズに応じていないとアリガタ迷惑になることを改めて実感される。
さて、皇居を過ぎ、日比谷に来た。
沿道には人が多くなってきた。
また沿道で行われているイベントも横目で見ていても面白い。

小さな子供が踊っている横で、おばさんが踊っていた。
嬉しいのだが、そのギャップが面白い。

「楽しませる」というのは、やっているコトだけではなく、
その状態や状況が楽しいというのもあるんだなぁとも。
ただ、踊っているおばさん達が生き生きしている姿を見るのが、また嬉しい。

三田を過ぎ、品川の15Kmの折り返しを迎える。
ハーフマラソンの15Kmはもうヘトヘトの状況だけど、
今はなんとなく大丈夫。
依然としてキロ7分のペースを保っている。

沿道には応援してくれている人々が、
まだ元気なので、手を出してくれている人とは、
ハイタッチをしながら走っていく。
顔も名前も知らない人だけど、手を出して応援してくれている。
僕は「ありがとうございます」といいながら、
ハイタッチをしていく。
なんだか完走するための勇気をもらっているようだ。

その人が僕に声援を送っているのかといったらそうでもない。
ただ、僕はその人のおかげで勇気をもらえる。
人の意図に関わらず、自分にとって必要なことであれば、
感謝する気持ちが大事であること。改めて感じる。
posted by nowvillage at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月07日

東京マラソン体験記第1話

東京マラソン体験記〜沿道の応援から得るもの〜

第1話 想定内のスタート

スタートラインから一番遠いKブロックからのスタートだった。
「みなさ〜ん、スタートラインは遠く向こうですよ〜、あせらずに行きましょう」
と係りの人がメガホンマイクを通した大きな声が聞こえてくる。

たくさんの人込みの中、しばらく待っていると
遠くで大きな花火が鳴った。

おそらくスタートしたのだろう。
Kブロックではドヨメキこそあったが、歩いて進む程度だ。

ようやくスタートラインに着いたのは、花火が聞こえてから17分40秒後だった。
石原都知事がずっと手を振ってくれている。
こう見ると、“良い知事だなぁ”と思う。
はたして次の都知事はこのように手を振るだろうか。とさえ、感じた。

さぁ、スタートラインを過ぎると、
ウォーキングからジョギングに変わり始めた。

最初は、新宿東口の方へ進んでいく。

西武新宿駅近くの高架下。
車ではさっと通り過ぎるところも、
走ってみると少しの坂でも気になるものだ。

歌舞伎町を過ぎていく。
都心を走るとは気持ちいいものだ。

2Kmを過ぎたところの沿道の声援
「ラスト40Km!!!」
どっと笑いがおきる。
楽しみながら走りたいと思いつつも、やっぱり苦しかったりする。
このように少し面白い声援は、気分を楽にしてくれる。

そう思っていると、「まだ先は長いぞ〜、がんばれ〜」と聞こえてくる。
沿道の応援には助けられるが、なんだか先が長いだとか言われると
少し窮屈な気分になる。

ビジネス上で上司から声かけられる要素に似ている気がする。
やっぱり分かっているよってことを改めて言われると窮屈な気分になる。

防衛庁を過ぎ、5Kmが過ぎた。
時間は1時間に迫ろうとしていたが、
キロ7分のペースで行こうと決めていた僕にとって、
おおよそ5キロを35分くらいで進んでいると思うと、
作戦通りだった。

思っていた通りにコトが進む時ほど、気持ちいいことはない。
よく計画が大事だと言うが、
途中で計画通りに行っていることが分かると楽しくなるものだ。
posted by nowvillage at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月06日

東京マラソン体験記 まえがき

東北大震災などがあり、
東京マラソンを走ったことすら
忘れそうになっていました。

1ヶ月半ほど経ってしまって、
なんとも言い難いですが、
東京マラソン体験記を書いていたので、
これから5日間にわたり、
連載していこうと思います。

このブログを始めるきっかけとなった「ホノルル体験記」で
このブログを知った方もいると思います。

改めて読んで頂くとまた面白いかな〜っと。

「ホノルル体験記」
http://blog.nowvillage.jp/article/8143896.html?1302078980

今回の東京マラソンは、
今まで参加したどのマラソン大会よりも、
沿道の声援が、さすがに凄かった。

そこで今回の題名を

東京マラソン体験記
〜沿道の応援から得るもの〜

と題し、沿道の声援と僕という関係で書いてみました。
ぜひ明日から楽しんでください。

第1話 想定内のスタート
第2話 沿道へ感謝する序盤戦
第3話 自分のペース
第4話 頑張っているからキツイ
第5話 目標よりも・・・
posted by nowvillage at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月22日

震災後対応で思うこと

東北大震災が起きてから早いもので、
10日以上が過ぎました。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると共に、
災害に遭われた方へお見舞いを申し上げます。

ただただテレビを見ながら、同情するだけで、
手助けとなる物資をもっていけない自分へ苛立ちを感じる気分です。
こんな時に援助できないなんて、僕のビジネスは“これでいいのか”とも感じてしまう。


今回の震災後の対応に関して、
話を聞くところではいくつか疑問と教訓が浮かび上がる。

思うところは3つ。

まず最初は原発に対する対応。
東京電力の資産に対する固執で対応が遅くなったことは、
いろんな記事などで明白。
避難する人も資産を気にした人が逃げ遅れたりしている報道を聞くと、
緊急時に如何に自分の投資してきたものを捨てれるか・・・
対応を早くする一つの教訓に思える。

それより政府の軽率な避難指示にあると感じる。
理由も言わず30km避難命令。
危険地域だけ伝え、どこで安全か分からない。。
“もしかしたら30kmではなく100km先でも危ないのではないか”と感じてしまう。

そのことから、要らない風評が広がっていく。

これは仕事をする上で、意図を伝えず作業領域を定めない指示に似ている。
「とにかくこれをやって」と言われて何のためにやるか分からず上司へ不満をもったり、
「アレやるな」「コレするな」と言われ、
“じゃあきっとコレもダメだろう”と思い込んで自主的な仕事をしなくなる。

どちらも要らない抵抗ができ、悪循環を生むのは明らか。

2つめは計画停電。
関東が対象といっておきながら、僕が住んでいる世田谷区は対象外だ。
国の中心であり、東京電力本社のある千代田区も対象外。
企業がたくさんある港区も。

そして比較的都心ではないところが対象となる。
平等でなく弱者に向けた計画でいいのだろうか。
このような計画なら、いつか不平等さに不満がでる。

まるで「アイツは社長の縁故だから」などと言い
同じ評価基準のもとでヒイキした評価をしているかのようだ。

最後に、“僕らは募金するしかない”などと言って、
募金を募っているところへ募金するが、
どうしても間接的に思えて仕方ない。

つまり、
募金する人・会社→募金を集める団体→募金を使う業者または行政→支援
となっているように思える。

もっと直接的にできないものだろうか。
直接的といっても避難している人に「ハイ、お金」と言って渡すわけではない。

例えば、“避難している人のためにホテルを提供しようとしている業者に
運営資金を補うために募金を募って、直接募金をする”など。
募金する人・会社→募金を使う業者→支援
と出来る構造にできないだろうか。

すべてが赤十字を通じてで良いのと思う気持ちがある反面、
それでいいのか疑問が残るところ。

このことから見ても、日本の中間ビジネスが成り立つ構造になっていることがよくわかる。
募金マッチングサイトでも作れればなぁと。

・目的目標や作業を明確に。
・依怙贔屓なく平等に。
・投資効果は意識的に。

ただただテレビをみることしか出来ない僕が思うこと。
posted by nowvillage at 10:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月28日

応援ありがとうございました!

無事、東京マラソンを完走しました!

目標としていた5時間30分には、
若干、及ばす、
5時間31分13秒でした。
惜しかった・・・

でも、自己ベスト更新です!

沿道の声援が多くて楽しい大会でした。

応援してくれた人、ありがとうございました。

ホノルル体験記のように体験記がまとまったら、
またブログで紹介します。
posted by nowvillage at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月26日

東京マラソン出場します!

いよいよ明日に迫った東京マラソン!
出場します!

ゼッケンNOは、「42674」です。
僕の位置は、以下のURLでゼッケンを入れると
どこを通過したかわかるようです。
http://p.tokyo42195.org/

スタートはなんとKブロックで
一番最後のブロックからスタートです。

スタートまで20分くらいかかるというウワサ。

キロ7分30分のペースでいきたいと思っています。

応援してくれる人、
待っている地点のキロ数×7分30秒+20分を目安にしてください。
出来る限り、見つけたいと思います。

ミドリのTシャツを来て走ります。

過去を振り返ってみると
2007年 ホノルルマラソン 6時間26分
2008年 湘南国際マラソン 5時間44分
2008年 青島太平洋マラソン6時間 6分
2009年 青島太平洋マラソン5時間50分
(いずれもグロスタイム)

1年半ぶりのフルマラソン。

5時間30分でゴール・・・したいなぁ。
posted by nowvillage at 03:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年02月19日

品揃え・提案営業

相手が未知のことで、
自分が既知のことを
『提案』

相手が既知のことで、
自分も既知のことならば、
『品揃え』

僕らは営業活動の中で、
提案することが大事で、
どれだけのことを提案したか。
なんて言われる。

御用聞き営業はダメだ
なんて言葉だって耳にする。

まるで提案営業がすばらしいかのようだ。

ふと、考えてみると、
売上を上げるためには、
誰もがほしいと思うものを売る方が、
売上が上がるに違いない。

一人の人がほしいと思ったら、
他の人もほしいと思う。
そうすると、どちらとも既知のもので、
『品揃え』が勝負となる営業方法になる。

なのに、世の中は、
提案営業は素晴らしいと語る。

相手の知らないことを見つけるのは、
難しいし、時間がかかるかもしれない。

時間がかかるということは、
売上をあげる時間もかかる。

ただ、一人の人が知らないことは、
他の人も知らないかもしれない。

知らない人へ提案。

提案できなくたって、
知ったときに、こちらに品揃えしていたらよい。

大事なのは、提案から品揃えへ
展開していく力があるということ。

提案することが素晴らしいのではなく、
提案出来たことを品揃えとして展開できる力が
素晴らしいこと。

1社に提案してうまくいったからって、
喜んでいるだけではダメなんだな。
posted by nowvillage at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月21日

明けました

謹賀新年・・・なんて言うような日付ではないですね。

今年、最初の更新です。

今年の抱負は・・毎年のようにテーマをもって行っている
僕としては、今年も何かを考えてビジネスに臨みたいと
思いますが、まだまだ3年前に作った計画を実施中。
振り返るには早い気がします。
今年は昨年同様に走り続けます。

計画の時期があれば、実行の時期がある。
どちらかしかないのが良くない。

次へいくために目の前のコトをしっかりと、がんばります。

走り続けるにひっかけて、
知る人は知っていると思いますが、
2月27日、東京マラソンに参加します。

東京マラソンのゼッケンなどは、
このブログで紹介したいと思うので、
ぜひ、沿道で応援をお願いします!

30Kmからはヘロヘロだと思うので、
できれば、元気な頃の沿道でお願いします。

そんなわけで、
今年はビジネスと運動を振り返ることなく、
ガンガンやっていきたいと思います。

今年も随時、胸にグッと来たことを書いていきたいと思うので、
今年もこのブログを温かい目でよろしくお願いします。
posted by nowvillage at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月26日

エレベータ

エレベータの中で「開」ボタンを押しているときに
小さな子供が「ありがとうございます」と言って、
エレベータから出て行った。

「ありがとう」は魔法の言葉。
なんて、最近は何かのハヤリかのように話を聞く。

ありがとうと言われて、
気持ち悪い人はあまりいない。

車を止めるときに、
少し譲ったら、
手を上げて、「ありがとう」の合図。

運転中に道を譲ったら、
ハザードランプがついて、
「ありがとう」の合図

少しの会釈で
「ありがとう」の合図

いろんな合図にも「ありがとう」が含まれている。

ただ、僕らが生活している中では、
その「ありがとう」を忘れるときは
少なくない。

忙しかったり、少し心に余裕がなかったり。
分かってはいるんだけど・・・
と思うことがある。

それが分かってくると、
良いことをしたって、
時に「ありがとう」を求めない
自分でいたりする。

エレベータの中で「開」ボタンを押しているときに
小さな子供が「ありがとうございます」と言って、
エレベータから出て行った。

なぜか僕はいつも以上に幸せな気分になった。
posted by nowvillage at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月25日

キャラクタ

新しく私のキャラクタを
イラストレーターの「ふじたきりん」さん
http://fujitakirin.com
に書いてもらいました。

自己紹介の画像は、
あのTシャツに中途半端なピースマークの
写真に変わり、私のキャラクタにしたいと思います。

来年はこのキャラクタでいきます。似顔絵今村さま.jpg
posted by nowvillage at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーエージェント

期待と失敗

今年も終わろうとしている。

忙しく過ごしてきた
ここ数カ月も
ようやく、ひと段落。

昨年の今頃は、
不安の中にいる感じだった。

独立してから1年半。
努めていた頃も何度となく失敗をしてきたが、
この1年半では、それ以上に失敗をした気がする。

何度もへこみながら、反省しながら、
それでもまた繰り返しながら、
数えられない失敗と
数えるくらい成功で
なんとかすごしてきている。

そう、何事もトライ&エラーだとは思ってはいるが、
期待され、自分もその期待に応えたいし、やってみたい。
だから、手を出して、頑張ってみる。
だけれども、それは自分にとって、
手を伸ばさないと届かない位置だったりする。

最後は、期待にこたえきれずに、
離れてしまう・・・

自分がやりたくて出来ないのならば、
やれるまで続ければいい。
だが、人の期待に応えようとして
応えられないことは失敗だといえる。

失敗をする自分を少なくしたいが、
自分の身の丈は低くしたくない。

期待と失敗の中で生きていることを
失敗すると、うまくいくと、
感じることができる。

何が期待され、何で失敗で、
分かっているから感じることができる。


posted by nowvillage at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月17日

読者感謝プレゼント終了のお知らせ

読者感謝プレゼントに多くの応募いただき、
ありがとうございました。

ご支援のもと、活動できていることが
実感できます。

また御贈りできるものが出来た際は
告知させていただきます。

今後ともブログをよろしくお願いします。
posted by nowvillage at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月12日

読者感謝プレゼント

気まぐれ かつ 不定期に更新している
こんなブログをご覧いただいている皆様へ

日頃、ブログを見ていただいている方へ
感謝の意味を込めまして、
プレゼントをお贈りしたいと思います。

先着10名様に、
「2011年株式会社NOWVILLAGE卓上カレンダー」
を贈呈いたします。

いつもこのブログをご覧になられている方の
住所とお名前を本文にご記入いただき、
「読者プレゼント希望」と題名にご記入の上、
info@nowvillage.jp
までメールをお送りください。

10名になり次第、締め切らせていただきます。

今後とも言いたい放題の
NOWVILLAGEブログをよろしくお願いします。
posted by nowvillage at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーエージェント

2010年10月31日

無駄なこと?〜事業仕分けから〜

第3回目を迎えている事業仕分け。

先日、ジョブカードの廃止という判断を受けたようだ。
登録キャリアカウンセリングで、
ジョブカードの作成をしているので少し関係はある。

現場では、
「廃止になったからジョブカードは作らなくてもいいんでしょ。」
という声も聞こえてくる。

確かにキャリアカウンセリングは、
ジョブカードがなくたって職務経歴書等で、実施は可能だ。
あくまでキャリアカウンセリングの手段の中のツールの一つでしかない。
それは、最初から明らかだ。

ただ、作るほうからすると面倒で無駄な作業だと思われるのだろう。
そうすると廃止となれば、作る時間が無駄と思うのも当然だ。
現場で担当する機関に相談をすると、
まだ決定ではないというアイマイなことをいう。
実際に事業仕分けで廃止などと言われながら、
続けていることもあるような気がする。

まるで、先に社長が突発的なことをいい、
現場が適当に聞きながら進めればいい、
などと違う方向を見ながら仕事をしている会社のようだ。

事業仕分けには、現場へ周知し実行における
プロセスと期間を明確にして公表してもらいたい。

そんな要望を出しても現状はこんなもんだ。
僕らが考えなくてはならないのは、
このような無駄な作業・無駄と思われる作業なんて、
普通に過ごしていれば、いつでも存在するということだ。

世間では、
“仕事の効率化”なんて言われているが、
効率化は、いかに無駄をなくしていくかが重要であると思う。

今、ここにある「無駄なこと」を
なぜ、しなくてはいけない状況なのか。
次に「無駄なこと」をしないためにはどうするべきなのか。

「無駄なこと」から目をそむけるのではなく、
向き合ってからこそ、
「無駄なこと」をしたくないと思ってくる。

いらないと思う前に、
やってから気づくことがある。

本当の無駄なことは、
無駄なことを無駄といいながら、
いつまでも繰り返すことだ。
posted by nowvillage at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年10月10日

キャリアコンサルタント合格

お久しぶりです。
今村です。

ブログを見ている方、
全然、更新しないですみません。

少し報告です。

日本産業カウンセラー協会認定
「キャリア・コンサルタント」に合格しました!

ようやくです、ようやく。

この資格を取るために、
2007年に産業カウンセラーの養成講座に参加しました。
あれから3年・・・少し時間がかかってしまいました。

これで、
キャリアに関する仕事を正式にしていけます。
しっかりと自分の志をもって行っていきたいと思います。

posted by nowvillage at 19:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月11日

仕事経験談募集

お久しぶりです。
ずいぶん、期間が空いてしまいました。
すみません。

現在、当社のホームページで仕事経験談を募集しています。
定年を迎えた方の経験を生かしたいと思います。
ぜひ、ご検討をお願いします。

http://www.nowvillage.jp/お申込み/仕事経験談募集/
posted by nowvillage at 11:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月12日

ビズマインド(提携先紹介)

フリーエージェント 企業紹介vol.1

【 有限会社ビズマインド 】http://www.bizmind.jp

ラーニング・クリエータ平田幸一(代表取締役)の会社。
年間200日以上、企業研修を実施する講師。

他の講師にない特徴として
『描いて、書いて、語れて、創れる』
というキーワードを基に、
研修中も絵を描きながら、分かりにくい内容も
噛み砕いて話をするところが、大変好評です。
この講義中に描きながら伝えるスタイルは
誰も真似できない独自の研修スタイルです。

そのほか、パワーポイントを用いた説明方法、
身近な例を含めながらの演習も分かりやすいです。

また“描く力”をテーマとしたブログやコンサルティングも実施中。

≪NOWVILLLAGEのお勧め≫
1.問題解決に役立つロジカルシンキングの活用
2.合意形成が生まれるネゴシエーション術
3.チーム活動力を高めるリーダーシップの築き方

<NOWVILLAGEとの関係>
株式会社NOWVILLAGEでは、
有限会社ビズマインドの営業代行をしています。
また代表の平田幸一氏とは、公私ともに仲良くさせていただいております。
posted by nowvillage at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーエージェント

2010年07月10日

ヤリキッタアキラメ

「頑張って売上を上げたが、
 会社の上の人がお金を持っていって、
 給料が上がらない!」

「しかも、これだけ成果を上げたのに、
 おまえはまだまだだって・・・
 やってられないっすよ!」

って・・・

愛社精神をもって、この会社のため、社長のため
一生懸命頑張ってきた結果だろう。

社員でいると、自分の頑張りが業績に貢献し、
その結果、売上・利益が上がった。
さぞかし重宝され、見返りを求めたいと思う。

その稼いだお金が社長の懐にいくようなことになっている
なんて許しがたいものだ。

でも、大概、
そんな許しがたいことが、行われたりする。

社長の社員への接し方にも問題はあるが、
会社に勤める限り、使用人である他ない。

「じゃあ、辞めたら」と問うと
「いや、育ててもらった恩もあるし・・・」

って・・・こんなもんだ。

恩を返し、この会社でヤリキッタと思えるとこまで。
実績を上げ、会社に対し、アキラメがつくまで。

会社を辞めようと思うのは、
そこからだと思う。

会社に文句を言っているウチは、
まだまだ愛社精神十分。

会社にお礼を言えるようになったら、
次を考えてもいいシルシ。

人間関係で退職をするのは、
何も前に進まないことを気づくための
ヤリキッタアキラメ感。

昔の会社のメンバーは、よかったなぁ。
今でも、一緒に仕事をしたいと思えたりする。

今では、それでよかったと思える。
posted by nowvillage at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記