2009年08月05日

自分で創ったモノ

川崎で面白い活動を見た。
http://www.rui.ne.jp/nw/num2.htm

少し怪しい気もしたが、
しっかりと会社として勉強をしているので、
素晴らしい事業だと感じた。

その勉強した内容を
纏めた資料を冊子にして路上で売っていた。

大変わかりやすい資料だとは思うが、
この手のものは、創作する人の思いが込められているから、
良い悪いでは片付けられないものがある。

おそらく思いを同じにする人には強く響くのだろう。

このように創作物は思いが大事であり、
それがかえってわかりずらさを造っていたりする。

だから僕らが聞く歌謡曲は
抽象的な言葉で彩られているものが多い。

だからこそ、自分の心に一番響くのは自分で創ったモノだ。

僕は中学生までは、将棋ばかりやっていたが、
高校からは内向的に詩を書くことが好きだった。
大学の頃は詩を書いてデタラメな曲を
作って自己満足に遊んでいた。

ただ、そうやって自分が自分に書いた詩が、
一番心に響いていたりする。

「あれ?自分て結構、才能あるんじゃない!?」
なんて思ったりしちゃうけど、
なんてことない、
人に見せると「大丈夫??」と心配されてしまうオチだ。

まぁ、そんなものだ。

自分で創ったモノは
自分に響くだけでかけがえのない価値がある。

過去の自分が今の自分の教祖っぽく感じることがある。

未来の自分のために今の自分を残そうか。
posted by nowvillage at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月04日

素直とトゲ

「素直が一番!」なんて
年を取った人は口癖のように言う。

一方でちょっとトゲがあった方が
いいなんて言う。

どっちなんだ!
ともいいたくもなるが、、、

話を素直に聞き入れるが、
自分の意見をしっかり持っている
ということが正解かもしれない。

今、この前にいる人の話に
その通りだと常に頷いて聞けるときは
素直になれているときだろう。

たとえ、その話が間違っていたとしても
間違いに頷きながら話を聞くだろう。

それが話を聞いても上の空に聞こえた時、
それは素直になれていないのだろう。

だんだん自分が傲慢になっていくサインかもしれない。

そのサインに気づきながら、
トゲのある自分の意見をぶつけられたら、
どんなに楽しい話ができるだろう。

討論番組を見てそう思った。

素直でトゲのある自分を目指して。
posted by nowvillage at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月02日

時間あるねぇ

「時間あるねぇ」

時間があれば、仕事をしろ・勉強しろ
という。

僕は、最近は時間があるときは、ジョギングをして、
週末は、マラソン大会などに参加している。

ある人によっては、
そんな時間があるなら、もっと仕事をしたほうがいい
なんて言う人もいる。

僕にとっては、気分転換になったり、
考える時間になったり、ダイエットの活動になったりして、
自分に投資と思っているから、響かない。

僕らは、このジョギングのように、
もしかしたら、時間を有効活用していないと思うことは
たくさんある。

今日やらなければいけないことがあるのに、眠ってしまったり。
ついつい気になって、ゲームをやってみたり。
なにもやる気がなくて、ボーっとテレビをみてたり。

その行動が後で、“しまった”と思ってみたり。

何だって僕らは時間を無駄に浪費していると考えがちだ。
今では、「タイムマネジメント」という言葉で本だって
いっぱい出てる。

といっても、すべての時間を有効活用し、
すべての時間をそれに使うことができるのであれば、
“努力は報われる”なんて言葉に象徴されるように
必ずうまくいくに違いない。

ただ、そんなことなんて出来ないことは、
僕ら一般人はよくはわかっている。

むしろ、
「眠ってしまったからやらなきゃ!」とか
「ゲームをしてスッとした」とか
そう思って、集中力を増す、
なんて自分にとって好都合に解釈をする。

浪費したと思うから、自分にマイナスな要素を入れたりする。
だけど、浪費したと思うからこそ、
失敗を失敗したと思うから、頑張れたりする。

投資したと思うから、自分にプラスな要素を入れたりする。
だから、失敗したと思っても、
それでいいなんて、根拠のない自信をもったりする。

時間の浪費なんて、いつもしているような気がする。
もしかしたら、浪費を投資と思えれば、
後ろへ後退しそうなときも前を向けるかも。

どんな時間を過ごしたって、
前を向くのか・立ち止まるのか
その視点で、投資かどうかを見てしまってもよいのではないか。


「時間があるねぇ」
と言われたら、「そうかもねぇ」と答えて

“その時間は僕にとって投資だ”

と自分に前を向く動機付けをしよう。
posted by nowvillage at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月01日

ために

久しぶりのブログ更新!

ホント、すみません。

みなさんに励ましの声をもらって、
がんばれています。
ありがとうございます。

僕らは、「〜ために」と頑張れることがシバシバある。
ただ、「なぜ〜のために」と頑張れないこともタタある。

数ヶ月前のテレビで、ミキハウスの社長が所属選手に
「仕事はいいから、メダルをとるために必死にがんばれ!」
という。

選手は「社長のためにがんばる!」という。

一方、僕らの現場では、
「上司が営業マンのために売りやすい資料を用意した」といい、
営業を奮起させる。

しかし、その営業マンのうち幾人かが
「これでは売れるわけないよ、顧客のためにならない」という。

なぜだろう。どちらも「ために」やっているのに。

少し忙しくなるといろんなものがコマに見えたり、
数字ばかりが気になったりしてくる。

そうやって、間違えそうになるが、
大事なのは仕事の前に“人のつながり”が必要だと言うこと。

もしかすると、仕事の動機づけのために
誕生日のお祝いが、一番、有効な時だってある。


さぁて、僕のことをいつも気にかけてくれる
あの人のためにがんばろうか。

この仕事を後回しにして・・・
posted by nowvillage at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月30日

会社設立

これまで個人事業主として活動しておりましたが、
この度、会社設立が完了したことを報告します。

会社名:株式会社NOWVILLAGE
本社所在:東京都世田谷区
資本金:100万円
設立日:2009年6月15日
代表取締役:今村充裕

現在の企業人材育成にかかわらず、
事業展開していきたいと考えています。

本当は会社設立記念パーティなど、
やりたいのですが、まだまだ働きが足りなく、
時間とお金が・・・というところです。

一人一人、お会いしてご挨拶したいのですが、
なかなか連絡ができずにごめんなさい。

今後ともよろしくお願いします。
posted by nowvillage at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログURL変更

お気づきになられたと思いますが、
ブログのURLを変更しました。

新URL:http://blog.nowvillage.jp

お気に入り登録されている方、変更をお願いします。

これに伴い、メールアドレスも
imamura@nowvilage.jp
へ変更しました。
ぜひ、メールを頂けるのを楽しみにしています。

今後も宜しくお願いします。
posted by nowvillage at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月17日

期待する声

「やっぱり…」と
期待を裏切るなんて数知れず。

落ちては這い上がり、
上がっては叩かれ、
また窪み、
膨らませるよう努力して
自分の形を創っていく。

そんな泥臭く生きることが誇りに思えたら、
どんなに強い人になれるだろうか。

「頼むよ」と期待する声

その声が聞こえる方へ

僕と会ったすべての人が
僕を知っていることを自慢できるその日まで。
posted by nowvillage at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2009年06月13日

営業の原点

ある営業マンと会った。

その営業は自社が発行している雑誌を取りだし、

「ここを読んでほしいのですよ、
おそらく今村さんの役にたちますよ!」

と夢中になって、読み聞かせてくれた。

「ね!いいこと書いてあるでしょう!
他のページを出して、ここ、僕好きなんですよ!」

と夢中になって読み聞かせてくれた。

僕がすべてに対し興味があったかと言えば、
そうではない。

読み聞かせ、自分がよいと思うことを、
夢中になって相手に伝えようとする姿勢に
なんだか僕は感銘を受けた。

聞くと、過去にこの雑誌に出会い、好きになり、
2年前にここへ入りたくて頑張って入社したという。

だから、自分で商品の良さを分かっていて、
なんとか他の人にも分かってもらいたいという
気持ちがあるのだろう。

読みながら、その言葉に感情が入っていき、
楽しそうに読む営業の姿が眩しく思え、
僕はその内容よりも、その姿を見ていた。


その後、知り合いや僕に会う交流会の情報を提供され、
「ぜひ今村さんに紹介したい人がいる」と言う。

営業として自社商品に惚れていること、
この人と付き合うとメリットがあると思えること。

営業マンの原点を再認識させてもらった気分だ。
posted by nowvillage at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ライフネット生命保険

2007年に受講した“産業カウンセラー養成講座”で一緒だった
メンバーの一人が、ライフネット生命保険にいる方でした。

新しい生命保険の形を作っているようで、
このブログの左下に広告を張りました。

ご興味のある方は、クイックください。

------------------------------------------------------

“ライフネット生命保険は、
相互扶助という生命保険の原点に戻り、
「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、
シンプルで便利で安い商品・サー ビスの提供を追求する」
という理念のもとに設立された、
インターネットを主な販売チャネルとする
新しいスタイルの生命保険会社です。

インターネットの活用 により、
高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を
両立しました。
徹底した情報開示やメール・電話・対面での
保険相談などを通じて、
お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく
透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、
「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を
世の中に広げていきたいと考えています。”

------------------------------------------------------

ちなみに僕は明治安田生命に入ってます・・・


ライフネット生命保険
生命保険

posted by nowvillage at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月08日

顧客安心

先日、愛車のステップワゴンを
HONDAに車検を出した。

やはりディーラーということもあり、
値段は少し高いが出してみた。

それは、営業が熱心に車検の売り込みをしていた。

毎週のように電話をかけ、手紙をかき、
粗品を手渡しに自宅まで来る。

なんと熱心な営業だろうか、
自分も一営業として見習わなければなぁ。

と少し感じ、一つ気づかせてくれたと思い、
車検をお願いすることにした。

そして、申込みを行った。

すると、担当が代わり、
手続きのため店に行っても営業は忙しそうに知らないふり。

そしてぎこちない技術者のもとサービスを受けた。

接客対応を重視する僕としては不服だ。

結局、最後まで営業は出てこなかった。

僕は常々、営業は忙しいから分業が必要だと唱えてきた。
売ることに特化し、サービスは別のものでもよいと。

ここでまた一つ勉強になったのは、
仕事で成果を挙げようと思うと、営業目線になり、
効率的にこなすにはどうしたら良いかを考える傾向にある。

営業で大事なのは成果を挙げる以上に顧客目線で
顧客満足いや顧客安心を考え、
顧客を第一に考えることだ。

少し高いお金を払って、再認識させてもらいました。

それから数日後、営業の方から留守電が入った。

「先日はありがとうございました。
 もし、お知り合いで車検間近の方がいれば
          紹介をお願いします。」

と。。

posted by nowvillage at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月07日

Project-IT匠の会 公開研修

私も役員の一人である「合同会社Project-IT匠の会」が
公開研修を実施することになりました。

この不況の中、少しでもお役にたてればと
少人数かつ安価な公開研修を設定しました。

価格 ¥5,250(全講座同一料金)
時間 13時〜17時

講座予定:
4月24日(金):問題解決力強化研修
5月14日(木):提案力強化研修(RFPの読み方)
5月29日(金):見えるプロジェクト管理研修
6月12日(金):業務知識と業務システム研修

時間がなく、そこまで費用が出せない企業の方、
ぜひご参加ください。

講師は、
Project-IT匠の会の副代表・楠さんとコンサルタント・山本さん
が行う予定です。

詳しくは資料集の中の「匠の会・公開研修」を
クイックしてください。


posted by nowvillage at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーエージェント

2009年04月06日

紹介の重要性

「ありがとう、今村さんのおかげ」
って言葉。

紹介する楽しさはそこにある。

その反面、紹介した相手から
「今村さんだから信用したのに・・・」とか
紹介した人に、その後どうなったの?と聞いて
「全く連絡が繋がらないです。」
なんて言葉を聞くと一気に萎える。

紹介が失敗すると
かなりショックだったりする。

僕らはビジネス上で気軽に、
「ぜひ紹介してください!」
なんて、軽々しく言ってしまう。

私も何度となく、紹介され、紹介してきた。

気を付けておかなくてはいけないことは、
紹介された相手に関しては、
最初にこれまで以上に奉仕すること。
そして、紹介してくれた人を喜ばせることが必須だ。

ビジネス上、“紹介”の意味は大きい。
商いに占める割合は大きいし、話が進みやすい。

逆にいえば、自分が紹介をする時は、
自分の信用と引き換えになることを
承知しておかなくてはならない。

紹介する人が、連絡をしなかったり、
ルール違反など悪意があったりすると
どうだろう。

紹介された相手は、
「今村さんが紹介する人はロクな人いないな」
なんて、、自分の信用に関わる。

このことを忘れてはいけない。

気軽に行っていた自分が怖くなってきたりするときがある。

大切な人間関係、紹介は慎重に。

「ありがとう、今村さんのおかげ」

ただこの言葉を聞きたいだけ。
posted by nowvillage at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

資料集作成しました。

ちょっと期間をおいてしまい、
すみません。

「ブログ見ています」という
暖かい言葉に支えられています。

これからも語っていきたいと思います。

少し右側を変更しました。

「リンク集」から「資料集」に変え、
私の父親の会社であるイマテックは、
上の「提携先企業」に追加しました。

資料集には、私の提携先にまつわる資料を
加えていきたいと思います。

一つ目は、現在、私が研修講師として実施している
HRD研究所の「知の技法シリーズ」を載せました。

新人研修後の若手に向けた
「考える力・学ぶ力・成長する力」を
研修しております。

一般的に言うロジカルなどの考え方入門から
仕事の仕方やGIW(仕事での成長の仕方)などを
研修しています。

フォローアップ研修などで検討を。

まだまだ不況で厳しいですが、がんばりましょう。
posted by nowvillage at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月16日

笑いを狙う中傷

麻生首相の一連の発言に対する
小泉前首相の意見。

いろんな波紋があり、
遅いだの、戦闘態勢だの
いろいろと僕も論じたいところではあるが、

ちょっとここでは、
この件で学んでおきたいところに
注目をしてみたい。

よくよく日常生活では目にすることであると思う。
(僕も過去に何度かあった。)

自分の目上(同僚)の人が少し気にいらないとき。

普通は、この人なら言ってもいいという人に
気に入らない人の文句(グチかもしれない)を言う。
そうして、笑い話になったり、「まぁまぁ」となったり、
それでまた次の日からはがんばれちゃったりする。
勇敢なサラリーマンだ。

ただ、この分別がつかないことがたまにある。
第三者、つまりあまり親しくないひとに、
ちょっと笑いを狙う意味も込めて、
その人の文句を言ったりすることがある。

大抵は、その場で笑ってすむことが多いので、
火傷はない。
しかし、運が悪いとまわりまわって、
本人の耳に悪い印象と共に伝わることがある。

そうして、次の日から、気まずい空気が流れ、
いつか爆発されてしまう。
その時にいくら弁明をしたって、
もう染みついた意識の払しょくは難しい。

そんなこと一度はみなさんありませんか。

僕は、今回の件、そのようなことが
大きな引き金の一つになっている気がします。

麻生首相の国会での答弁。
「(小泉氏に)常識的なことを期待する方が間違いだ。
奇人変人としては正しい行為だ」と語った。

これはおそらく、少し笑いをとろうと、
過去に田中真紀子議員が小泉首相を目の前にして
皮肉り、笑いが取れたネタを引用したと思う。

こういうこと、僕らの身近では、よくある。
“あいつは言ってもいいけど、お前言うなよ”って。
それに似たことであると思う。

これに対して、小泉前首相の言葉。
“私についてもね、「常識の通じない男」だとか、
「奇人変人」とか言っているようだけど、
私は自分では常識をわきまえている普通の人だと
思っているんです。”

昔は「奇人変人」なんて言われても、
喜んで返してた人が、このような反応だ。
“お前に言われたくない”って気持ちがあるのだと思う。


他の人が言っていたことを自分も同じように言って、
笑いを狙う中傷をすること。

子供の世界や人間関係が複雑な社会、
それだけでなく、このような人でも同じようなことが起こる。

会社では“会社の文句は外で言うな”と
釘を刺されることがよくある。
それは、こんなことのためにあるんだなと改めて思う。

中傷するときは気をつけなくてはならない。

そう思いながらも、
また自分も言ってしまうのではないだろうか。
また自分も言われているのではないだろうか。

と、たまにクヨクヨとしてみる。
posted by nowvillage at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月13日

連絡(ビジネスメール)

連絡して返事が返ってくる。
誰もが当然の事と思っている。

今では連絡といえば電話や手紙に代わり、
電子メールが主流となっている。

いつでも時間があるときに見れることと、
お金がかからないメリットが大きいかもしれない。

例えば初めて会った後の挨拶メールやお礼メール。

連絡をしようと思っていても、返事を返そうと思っていても、
つい忙しさに忙殺され、
気づくと3、4日、1週間、1ヶ月、
平気で経っていることがよくある。

いや、このブログもそうかもしれない。

よくビジネス書でも、メールの重要性を語っている。

果たして守っていけるものだろうか。
と自分で思いながら、
自分が出したメールの返答がないことに苛立ったりする。

自分は返していないメールがあるにもかかわらず。
自業自得なんて聞きあきた言葉を吐いては、
他人のせいにしたりする。

僕らはたまに自分が出来てないから…なんて
理由で物事を正当化しようとしていないだろうか。

自分を責めつつも身勝手な人間でいても良い気もする。

そして今日もまた
一ヶ月前のメールに「返信が遅れてすみません。」と
返事を書こうか。
posted by nowvillage at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月12日

謹賀新年

しばらく更新しない間に年を越してしまいました。

失礼をしました。

昨年、独立して、
なんとか無事に年を越すことができました。

応援してくれる人がいるおかげです。
ありがとうございます。

今年はもっと書いていきたいと思います。

今年も宜しくお願いします。
posted by nowvillage at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月28日

営業先

「営業先が違うのでは?」
なんてことをよくいいませんか。

成果の上がらない営業をみて、
上司や周りの協力者や言う言葉。

営業は買ってくれるところに行かなくてはならない。
決裁権がある人に会わなくてはならない。
それは前提の話だという。

ただ営業には商品を売る以外に役割があることを
認識しておかなくてはならない。


営業マンは、営業と同時にサポーターであることだ。


企業の人材育成に携わっていると
よくいう人材開発部や人事部といわれる部署が
会社の人材育成の企画を行っている。

人材育成の営業は、こういった部署に営業に行くのである。
ただ人材育成は現場とニーズが乖離していることがよくある。
多くある。
せっかく企画を出して、それが受け入れられ、
実施したとしても、現場の要望と違った、無駄な買い物をした。
なんてケースは多々ある。

売った営業が悪い?
内容吟味が足りない企画部門が悪い?
要望を伝えない現場が悪い?

そういったときに、
営業は現場に行かないと効果のあるものはできない、
なんていう。

そうして、企画部門を蔑ろにして、
現場に営業が行く。。。

な〜んてことはナンセンスである。

営業マンは、営業と同時にサポーターである。

売れりゃ〜いい、ならば、それでいい。
会社の中での企画部門の地位はどうなる?

営業マンがいることにより、
企画部門の地位を上げれるようなことができるのであれば、
最高のサポーターだ。

お客様が誰であるか。
「営業マンがいてよかった」といわれるのはどういうことか。

自分の行動で喜ぶ人のところが営業先であること
忘れないでいなくてはいけない。

でも、売れない時には、
「営業先が違うのでは?」

喜ぶ人の顔を浮かべて、
“そうですけど・・・”と濁して答えよう。
posted by nowvillage at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月11日

ビジネスと上司部下

「部下は上司を選べない」
なんて、不満をもった部下がよく言う言葉。

ほとんどの組織は、
上司部下の関係で成り立っている。

上司は部下に指示・命令をだす。
部下はその指示・命令に従い仕事をする。

時には理不尽なことがあり、
同僚やお酒に向かって不満を語る。

そうしてサラリーマン生活を過ごす。

上司はなんのためにいるのか。
会社のため?管理のため?責任のため?

部下にとっては、上司に信頼されることが
よりよい仕事を行うために必要なことだ。

1〜10の仕事を行った部下の成果物を
上司は、チェックし、
出来上がった成果物に手を加え、
その資料を持ち、商談や会議に向かう。

僕らのビジネスの中で、
組織で上司・部下が良い関係を持ち、
仕事を進めていく。
この縦社会で生まれた文化だ。

商談が成功したり、失敗したり、
会議がうまくいったり、うまくいかなかったり、
その度に、ビールで喉をうがいしながら、
関係を密にしていく。


その一方で、

仕事の役割を完全に分割し、
協力できるもの同士で、
プロジェクトやフラットな体制を組み、
ビジネスを行う。

1〜10ある作業内容を、
1〜4はAさん、5〜7はBさん、
8〜10はCさんといって
それぞれに責任を持ち、仕事を仕上げて、
ビジネスを行う。

僕らのビジネスの中で、
“得意なことを得意な人に”と
合理的に仕事を進めていく。
この共存共栄の社会で生まれた文化だ。

商談が成功したり、失敗したり、
会議がうまくいったり、うまくいかなかったり、
その度に、ビールで喉をうがいしながら、
関係を密にしていく。

ビジネスはゲームだといわれる。

僕らはこのゲームをどちらが成果がでるのか、
考えていかなくてはな。


組織を懐かしく思いながらも、
独立している自分を誇りに感じる丑三つ時。

もうすぐ夜が明ける。
posted by nowvillage at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月25日

説教坐禅会

少し前になりますが、
円覚寺で行われる「日曜説教坐禅会」に参加してきました。
http://www.engakuji.or.jp/contents/zazen.html

初めて、説教を聞き、座禅を行ってきました。

驚いたことは、
説教の最初と最後にみんなでお経らしきものを読むということ。

僕は何もわからず、
周りの人が読むお経を聞いていました。

100人近くの人が一斉に読むお経が、
妙に怪しげな宗教団体に思えてくるような気持でした。

そして、説教を聞く。
何か、教祖の話を聞く宗教団体にも思えた。


こうして振り返ると、
僕らは、コンサートに行き、
好きなアーティストの曲を大合唱したりしている。
そう思うと、はたから見ると変な空気なのかもしれない。

かくいう、僕も槇原敬之の信者でもある。
槇原敬之の書く詞に影響されて育ってきた。

そう思うと、僕らは、恵まれていると改めて思う。

だって、昔の人は、
このように説教を聴いて良い話に心動かされていたのだろう。
僕らは、日常にCDで音楽を通じて、
良い話・詞に触れ、自分を触発できているのだろう。
いわば、アーティストは、
僕らの教祖のようにも思えてくる。
だから、宗教に頼る必要はないのだと・・・

そういったことを思いながら、
説教会は進んでいった。
(話の中身は割愛)

その後、座禅会が始まるのだが、
足を組み、静かにして、精神を統一する。
非常に理にかなったように思うが、
まだまだ自分には少し退屈感がある。

「無心になれ」というが、
そう簡単になれるものでもない。

息をするひとつひとつを数えていくうちに、
考えがなくなり、無心になれるというのだが、
その話を聞くと、ジョギングしている最中に
時間だけを気にして走っている時のほうが、
無心のようにも思えてくる。

もしかすると、
日常生活の時も無心になっているときも
あるのかもしれない。

僕らは無心の時を無心だと感じられるほどの
心の余裕がないのかもしれない。

そんなことを感じた会であった。

また次の新しいチャレンジを楽しみにしていよう





posted by nowvillage at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月10日

NOWVILLAGEメール

先日、不特定多数の方に
NOWVILLAGEメールと題して、
メールを送信させて頂きました。

NOWVILLAGE提携企業の情報をお送りしていきたいと
思っています。

もし、メールが送られてもよいという方が
いらっしゃれば、御一報いただければ、幸いです。
メールアドレス:imamu-@xd5.so-net.ne.jp

宜しくお願いします。


以下、【NOWVILLAGEメール vol.1】です。

---------------------------------------------

皆様

お世話になっております。
今村充裕です。

一括送信で恐れ入ります。

9月30日で正式にAESを退職しました。
アルゴエデュケーションサービス・AES時代を
含めまして、誠にお世話になりました。

今後もIT教育ではAESを宜しくお願いします。

これからは、いろいろなサービスをご紹介できるように
フリーで活動していく方針です。

さて、NOWVILLAGEメールとして、
私の活動する中で提携企業のサービスご紹介と
随時、有益な情報を入手しましたら、
ご連絡いたしたいと思います。

今後もお付き合い頂ければ幸いです。

また個人アドレスより、お送りしておりますが、
「受信できない」「返信が出来ない」など、
ございましたら、お手数ですが、
imamura@fortina.co.jpへご連絡をお願いします。

このご案内メールが不必要な場合には、
返信いただければ次回よりお送りしないように致します。


NOWVILLAGE vol.1 提携企業サービスご紹介

【1】 異業種交流会のお知らせ(日本教育コンサルタント)
【2】 円滑なコミュニケーションのための「効き脳診断」(フォルティナ)
【3】 社員のやる気向上のためのワークショップ(アイパートナー)
【4】 (ひとこと)新人研修テーマ


-------------------------------------------------------------------------------------
【1】異業種交流会のお知らせ(日本教育コンサルタント)

異業種交流会を行っております。
私も8月・9月参加してみました。
通常、こういった会の場合、
意見交換や発表の時間が多いものですが、
テーマについて発表する時間は1時間程度で、
その後、食事と飲み物を飲みながら、
各会社と名刺交換を含め、情報交換をするというものでした。

有料ということもあり、
みなさん真剣に聞いている様子が、
他の公な集まりと違う印象がありました。

大手企業も参加しており、お勧めです。

≪1≫ 異業種交流「人材開発研究会」

発表テーマ:
 東京電力株式会社
「現場技術・技能の維持継承・向上を志向した技術系社員の人材育成方策について」

日程:10月23日(水)
場所:日本橋倶楽部
時間:16:30〜19:00
費用:年会費1名:24,000円(4回分)毎回申し込み1名:7,000円
http://www.nihonhrd.com/jinzai.html


≪2≫異業種交流リーダ研修
日程:10月20日(月)・21日(火)
場所:メイプルイン幕張
期間:1泊2日
費用:\65,000
http://www.nihonhrd.com/seminar.html

-------------------------------------------------------------------------------------
【2】円滑なコミュニケーションのための「効き脳診断」(フォルティナ)

ハーマン・モデルに基づき、
簡単に自分の脳の特性を診断できるツールを作成しております。
フォルティナ株式会社です。
http://www.fortina.co.jp/

通常は、こういった診断のみでサービスが終わるところですが、
診断を有効的に活用していただきたい思いから、
サポートツールを開発しております。
活用ガイドブック/メンバープロフィールシート/
社内ガイダンス進行マニュアル/ワークシート
http://www.fortina.co.jp/support/index.html

社内で円滑なコミュニケーションを行う一つの手段として、
考えてみてはいかがでしょうか。

ご興味あれば、診断IDを1社5名まで発行いたします。
名前とメールアドレスをご連絡ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
【3】社員のやる気向上のためのワークショップ(アイパートナー)

「愛社精神がない!」なんて古い言葉を耳にすることが
ありますが、「やる気」ということにフォーカスされるような
時代になってきました。

社員がどのようなやる気を生み出そうとしているのか、
アンケート調査やテーマを元にワークショップを行い、
各会社の社員やる気向上のための支援をしている
会社の紹介です。
株式会社アイパートナー
http://www.i-partner.co.jp/

このやる気に対して著書をしております。
http://www.i-partner.co.jp/booklet/present.html

ご興味ございましたら、お送りいたします。
ご返信をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------

【4】(ひとこと)新人研修テーマ

最後に毎回、一言を記述していきたいと思います。

10月1日に内定式を行い、そろそろ新人研修を
本格的に考えないといけないとお思いの方が
多いのではないでしょうか。
先日、IT系のある会社の人材開発部の方と話をしていたら、
「これまでコンピュータ基礎やプログラミング言語を
 行っていたが、現場で本当に活用されているか・・・
 いっそのこと、エクセルの機能を徹底的に教えた方が
 社会人として役立つのでは。」
飲みの席でしたが、このようなこと言っていました。

数年、IT系教育を行っていた私からすると少し寂しいような
理にかなっているような気がしました。

いくらC言語を新人研修時代に行ったって、
現場でC言語を使っていない
ビジネスマナーをいくら教えたって、
現場の人のマナーがなっていない。
とはよく言われたものです。

より現場で生きる教育から、
より現場が生きる教育を
考えていくにはどうするべきか・・・
・・・研修テーマだけの問題ではなさそうですね。

-------------------------------------------------------------------------------------

またご案内事項ができしだい、
メールをお送りします。

できれば、月2回を目標としてがんばります。

末長くお付き合いいただければ嬉しいです。

今後ともよろしくお願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
NOWVILLAGE
今村充裕(イマムラ ミツヒロ)
TEL&FAX 03-5707-5519
携帯TEL  090-1068-1079
E-mail:imamu-@xd5.so-net.ne.jp
URL:http://nowvillage.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

posted by nowvillage at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーエージェント